磁器で表現できる質感を追求する野田里美
名古屋で制作しています。
テキスタイルデザイナーから陶芸の世界へ。
磁器の作品を制作しています。
朽ちる、枯れる、詫びていくものに惹かれます。
時間を感じる空気をまとったものに惹かれます。

野田里美

作家名:野田里美

活動地域:愛知県名古屋市

作陶歴
2003 岐阜県セラミックス技術研究所 研修生として2年在籍
2004 ビアマグランカイ5 審査員特別賞
2004 (財)金津創作の森財団 「酒の器展」入選
2005 「第39回 女流陶芸公募展」 T氏賞
2008 (財)金津創作の森財団 「酒の器展」 入選
2009 工芸都市高岡2009クラフトコンペ 入選
2010 第5回(財)金津創作の森財団「酒の器展」 入選
2010 ビアマグランカイ8  入選
2011 第50回 日本クラフト展  入選
2012 Le Carrousel des metiers d’art et de creation」( カルーゼル・デ・メティエ・ダール・エ・ドゥ・クレアシオン)
Carrousel du Louvre a Paris (ルーブル地下 カルーゼル・デュ・ルーヴル内)
ジャパンブースにて出展

プロフィール

テキスタイルの企業デザイナーとして勤務するうちに「この仕事は私である必要はあるのだろうか?」と疑問に思うようになり、
「私である必要がある仕事をしたい」と思ったときに目の前にあったのが「陶芸」でした。
学校に行く機会がなく、ほぼ独学で陶芸の世界に入り今に至ります。

主に器、花器を制作し、抹茶碗などの茶道具も制作。
中部、関東を中心に個展、グループ展を開催しています。

インスタグラム、FBページで作品展情報などアップしております。
お問い合わせはメールにて。
mail : satomi.noda@mbn.nifty.com
FB : https://www.facebook.com/nodasatomi
FBページ : https://www.facebook.com/satomi.noda.Ceramics
instagram : http://instagram.com/satomi_noda

代表作品

磁器という素材で 時間の流れを感じるモノ。
共に過ごす時間を感じるモノ。
余白を感じるモノ。
そして 「私」 が残るモノ。

時間、流れ、朽ちる、崩れる、叙情的、感傷的、揺らぎ、移ろい、馳せる…。
静かな、でもそこに在る、そんな空気をまとった作品でありたいと思っています。

[樹]シリーズ
磁土の表面にひび割れを起こし 有機的な質感を出した作品。「銀樹」「墨樹」「墨銀」があり、どれも使い込むうちに経年変化により「育つ」作品。

 [銀彩][千刻黒]シリーズ
シンプルな器のシリーズ。銀彩と黒とあり、どちらも使い込むうちに「育つ」器。

[磁楽]シリーズ
磁土によるアメリカン楽焼成の作品。主に抹茶碗、花器、ぐい吞等 。

関連記事

  1. 木村洋子

  2. 加藤貴也

  3. 沖誠

  4. 辻 美香

  5. 日置哲也

  6. 大塚くるみ

カテゴリー